"Merciエステティックサロン"は『ありがとう存じます』の感謝の心でお客様一人ひとりを大切に37年のキャリアと信頼で全ての女性を元気にするハンドテクニック中心のこだわりサロンです。

中医学からみた「むくみ」

いつもありがとう存じます😊


昨日は、本日からスタートするキャンペーンのご紹介と「むくみ」についてブログを書きましたが、今日は中医学…神氣漢方からみた「むくみ」について。

体の陰陽のバランスがとれた状態が健康であるという考え

メルシでも人気のモンテセラピーや神氣漢方アロマのトリートメントのベースになっている中医学の「気・血・水(津液)」や「経絡」
この気・血・水が充分に生産され、経絡という通路を正常に流れて健康が維持できると考えます。

従って、人体の中をめぐる要素は全て陰陽のバランス…
陽→気、陰→血、水(津液)
経絡も陰陽なのです。

昨日の内容とかぶりますが…
まず「むくみ」の原因は、
体に栄養や酸素を運ぶ役割の血液と血管があり、末端部分は毛細血管が細胞に必要な成分を運んでいます。
更に、毛細血管から細胞に成分を届けてくれる「細胞間液」は、老廃物を伴った水分として静脈やリンパ管へ運ばれていきます。
「むくみ」は、静脈やリンパ管の流れが悪くなってしまうことで、水分や老廃物が回収されずに皮膚の下に溜まってしまう状態といわれています。

「むくみ」をそのまま放ったらかしにしてると😱どんどんむくんで悪循環💦

そこで、
自律神経のバランスを整え、ダイレクトに静脈やリンパの流れを良くして脚トラブルを改善するトリートメントこそがまさしく緊急企画キャンペーンの「ヘビーレッグコース」👣

他に生活習慣…
水分や塩分を摂り過ぎると、体内の水分量が増えむくみやすくなったり、アルコールの飲み過ぎや睡眠不足、運動不足などもむくみの原因のひとつと考えられています。

また、女性特有のホルモンバランスの変化も…
生理前や妊娠中、更年期などの時期はホルモンのバランスが変化するため、自律神経の乱れなどから血行が悪くなりむくみやすくなるといわれています。


中医学では、主に水の代謝は「肺・脾(胃腸)・腎」で行うと考えますが、そのうちどこかの機能が低下すると水が溜まり「むくみ」が生じやすくなると考えます。

①脾胃(胃腸)に過剰な水が滞った場合【水湿困脾(すいしつこんぴ)】のむくみ
胃腸が弱い、冷たいものの摂り過ぎにより胃腸に負担がかかって消化機能が低下していると、水分代謝も低下して「むくみ」に繋がります。→おすすめ神氣漢方アロマオイルは「軽」と「実」

②肺に過剰な水が滞った場合【肺気不宣(はいきふせん)】のむくみ
肺は、外気の影響を受けやすく体の水の出入りと関係が深いため、湿気で肺が塞がって、水が停滞し代謝出来ず「むくみ」となります。→おすすめ神氣漢方アロマオイルは「開」と「実」

③腎に過剰な水が滞った場合【腎陽不足(じんようぶそく)】のむくみ
体を温める腎陽が不足した状態が続くと、水を尿などにかえる気化(変化)が出来ず、水が停滞し「むくみ」やすくなります。→おすすめ神氣漢方アロマオイルは「采」又は「振」と「実」

経絡でいいますと、脾・胃経と腎経は脚を通っている経絡です。
今回のキャンペーンはとにかく脚!
その脚のむくみ、ダルさ、重み、疲れ、パンパンになった痛み…全部とりましょう👊
健康で元気に年齢重ねましょう!

そして、トラブル改善と予防は、日々のホームケアが重要です!
ポール・シェリー各バスオイル、ハーバルオイル、アロマティックspaオイル、レッグエマトーンジェルやツボや経絡に直接塗る神氣漢方アロマオイルもおすすめです。



※8月も通常通り営業致します。
皆様のご来店心よりお待ち申し上げます。
?Gg[???ubN}[N??